いまどきのタイムレコーダー種類がたくさんある!困った、選べない!

タイムレコーダーの役割って何?

タイムレコーダーは時刻を証明する目的で利用するOA機器の一つです。 会社の中では出社時刻を守る事、一日の所定労働時間を守る事、残業をした場合には所定の残業手当を支払う義務が在る等のルールが在ります。 これは勤怠管理と呼ばれている時間の管理や業務内の管理を行う事で出社時刻、退社時刻、1日の所定労働時間、そして残業の有効性などを把握する事が出来るもので、タイムレコーダーは時間を記録する事でこれらの把握を容易に行えるように出来る、勤怠管理には欠かせない存在になっていると言う事です。 タイムレコーダーにはアナログ式とデジタル式の2つに分ける事が出来ますが、アナログ式のタイムレコーダーはタイムカードを挿入する事で挿入時の時刻を記録する事が出来ると言った特徴が在ります。

勤怠管理をシステム化するメリットとは

タイムカードに記録されている時間をチェックする事で遅刻や早退の確認が出来ますし、パソコンに出社時刻と退社時刻を入力する事で自動計算が行われ、1日の所定労働時間を満たしているか否か、残業時間の集計が可能になります。 しかし、入力作業の中でミスが起きてしまうと、正確な勤怠管理を行う事が出来なくなりますし、社員の人数が多い企業などの場合の入力業務は膨大な時間を必要とすることになります。 タイムレコーダーの中には勤怠管理をシステム化してくれる製品も在ります。 勤怠管理システムでは、タイムカードではなく、ICカードなどを利用して打刻情報を集める事が出来るため、入力をする手間や入力時に生じるミスを防止する事が出来ると言うメリットが在ります。