勤怠管理を効率化できるタイムレコーダーは何?

紙のタイプのタイムカードは不正が横行する

昔からあるカードに印字するタイプのタイムカードでは、本人以外の人が押すことも出来るため代理打刻による不正が横行してしまう欠点があります。打刻時にカードの印字面が読み取れないこともあり、一度勤怠管理担当者が書き写すか入力する必要があり、人数が多いほど作業量とミスを防止するためのチェック作業にコストが掛かりました。 各個人に配布するタイプのIDカード式タイムレコーダーであれば、本人以外にカードを貸し出すことは減少するでしょう。入退室時にIDカードをかざす必要があれば、尚更本人以外に使うことは出来なくなるので打刻については不正を防止可能となります。打刻データは、まとめて管理されるので導入しているシステム次第では給与計算システムへデータを取り込みできるよう出力を行えるタイプも登場しています。

クラウド管理出来るタイムレコーダー

タイムレコーダーの進化は、外回りが多い営業に対しても効果を発揮するまでになりました。IDカード式のタイムレコーダーに加えて会社支給のスマートフォン端末からの打刻にも対応したシステムが登場しています。位置情報を利用して営業担当がいつどこで打刻したかが確認出来るので、業務中にサボりが発生することも減少します。 自社サーバーで勤怠管理データを保管すると、社員数の増加に伴い設備状況と常時バックアップを求められます。最新のクラウド上に勤怠管理データを保管する方式であれば、バックアップと設備状況はクラウドシステム側で用意可能です。記録された勤怠データを1分ごとに集計して給与計算ソフトに合った形に出力する利用面だけを考慮すれば良いこととなり、業務が効率化されます。