我が社にピッタリのタイムレコーダーを見つけたい!

ICカードを利用したタイムレコーダーも在ります

タイムレコーダーと言うと、紙のタイムカードを挿入する設備機器と言ったイメージを持つ人も多いかと思われますが、社員数が多い企業などの場合は、ICカードなどを利用して、タッチする形のタイムレコーダーを導入しているケースが増えています。 タイムカードに記録されている時刻を入力する方法、電卓を利用して集計する方法などが在りますが、社員数が多いと工数が多く掛かることになる効率が悪くなる事から、ICカードを使って時刻情報をデジタル化していると言う事です。 また、ICカードをカードリーダーを利用して読み取ることで、かざした時の情報と社員情報などがコンピューターに集められていくので、時間を集計する作業や入力する作業が不要になると言うメリットが在ります。

外回りが多い営業職の勤怠管理も可能なタイムレコーダー

営業マンの中には直行直帰と言った形で会社に来ない日がケースが在ります。 タイムレコーダーは勤怠管理に活用される設備機器であり、会社に着た時間と帰りの時間をタイムカードやコンピューターに記録する事で勤怠管理に役立てる事が出来ますが、外回りが多い営業マンの場合は、会社に来る事が無い日も在るため、自己申告制をとっている会社も多く在ります。 しかし、携帯電話やスマートフォンと言った携帯端末と連携を行う事で、外出先からの打刻を行う事が出来る勤怠管理システムも登場しており、打刻を行った際に、位置情報も同時に送信されるため、適切な勤怠管理を行う事が可能になっています。 また、タイムレコーダーの中には生体認証や指紋認証などにより、時刻情報を集める事が出来るシステムも在り、それぞれの会社のニーズに合うタイムレコーダーを選べるようになっています。